美容などについて

朱肉っぽい赤を使ってメイク!幼いのに色っぽい不思議な雰囲気になります。

最近、赤系のリップにはまっています。

朱肉のように真っ赤な赤ってすごく目立つので使ったことはなかったのですが

おしゃれな友達がすごく自然に赤リップを使いこなしているのを見て、私も挑戦してみました。

友達いわく、赤リップをうまく塗るコツとして直接塗るのではなく、指にリップをとって

唇にトントンと置くようにして塗るのがいいということでした。

14私もさっそく試してみたら、大正解!本当に自然に赤リップを塗ることができたんです。

内側からジュワっと発色したような雰囲気になり、幼いようなでも色っぽいなんとも不思議な印象になります。

口紅にはパール感がないタイプのほうがよりナチュラルな印象になるなと思います。

パール感があると人工的なかんじになってしまうんです。華やかなかんじにはなるので、好き嫌いだとは思いますが、。

そして中央だけにグロスを重ねるとよりつや感もでて、ぷるんとしたかんじになって素敵なんです。

最近は朱肉っぽいチークも流行っているので、私はそれと組み合わせて使うことが多いです。

同じような色を使うことでメイク全体に統一感も出てとても美しいです。おしゃれな感じにも見えます。

チークも唇も赤なのですが、とてもナチュラルな印象のメイクにすることができます。

実は目元にも朱肉っぽい色って舞妓さんみたいになってかわいいんです。

ただ、まぶた全体につけるとちょっと怖いので、まぶたの外側だけにチョンとつけるのがコツですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です