美容などについて

敏感肌の美容について

顔の美容の中でも敏感肌の方は美容に気をつかっている人が多いです。季節の変わり目や生理の前後などにピリピリしたり、かゆみが出たり、外部刺激に過剰反応して肌トラブルを起こすのが敏感肌で、ストレスやホルモンバランスの崩れ、環境の変化や体調不良などによって肌のバリア機能が正常に働かなくなっているのが原因です。

敏感肌のお手入れは、低刺激性の洗顔料を選ぶことをおススメします。洗顔料やシャンプー・コンディショナーの洗い残しも肌への刺激になるので、生え際やうなじ、背中も注意して、よく洗い流うことが大切です。

10基礎化粧品は保湿性の高いもので、皮膚のバリア成分であるセラミドの配合された、敏感肌用を使うと良いです。敏感肌をケアする為には、全体の潤いを保ち、肌本来のバリア機能を正常に働かせることが大切です。保湿とは、肌に保湿成分を届けることで、洗顔後の清潔な肌にローションなどで十分な水分を与えた後の乳液や保湿クリームなどでの、保湿成分を届ける事が重要です。

また重度の敏感肌のメイクは、控えた方が良いですが、経度の場合は、きちんと化粧品を選べば問題はないです。ベースメイクはファンデーションは、リキッドタイプや、クリームではなく、パウダー系を選んだ方が良いです。リキッドタイプなどには、パウダー系パウダー系より、界面活性剤が多く使用してるからです。

敏感肌の人は、汗をかいても刺激になり、汗に含まれる塩分や尿素が肌に刺激を与え、肌のpHバランスを崩すためです。汗をかいたら、ぬるま湯でこまめに吹くことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です