美容などについて

敏感肌の美容について

顔の美容の中でも敏感肌の方は美容に気をつかっている人が多いです。季節の変わり目や生理の前後などにピリピリしたり、かゆみが出たり、外部刺激に過剰反応して肌トラブルを起こすのが敏感肌で、ストレスやホルモンバランスの崩れ、環境の変化や体調不良などによって肌のバリア機能が正常に働かなくなっているのが原因です。

敏感肌のお手入れは、低刺激性の洗顔料を選ぶことをおススメします。洗顔料やシャンプー・コンディショナーの洗い残しも肌への刺激になるので、生え際やうなじ、背中も注意して、よく洗い流うことが大切です。

10基礎化粧品は保湿性の高いもので、皮膚のバリア成分であるセラミドの配合された、敏感肌用を使うと良いです。敏感肌をケアする為には、全体の潤いを保ち、肌本来のバリア機能を正常に働かせることが大切です。保湿とは、肌に保湿成分を届けることで、洗顔後の清潔な肌にローションなどで十分な水分を与えた後の乳液や保湿クリームなどでの、保湿成分を届ける事が重要です。

また重度の敏感肌のメイクは、控えた方が良いですが、経度の場合は、きちんと化粧品を選べば問題はないです。ベースメイクはファンデーションは、リキッドタイプや、クリームではなく、パウダー系を選んだ方が良いです。リキッドタイプなどには、パウダー系パウダー系より、界面活性剤が多く使用してるからです。

敏感肌の人は、汗をかいても刺激になり、汗に含まれる塩分や尿素が肌に刺激を与え、肌のpHバランスを崩すためです。汗をかいたら、ぬるま湯でこまめに吹くことが必要です。

美容などについて

朱肉っぽい赤を使ってメイク!幼いのに色っぽい不思議な雰囲気になります。

最近、赤系のリップにはまっています。

朱肉のように真っ赤な赤ってすごく目立つので使ったことはなかったのですが

おしゃれな友達がすごく自然に赤リップを使いこなしているのを見て、私も挑戦してみました。

友達いわく、赤リップをうまく塗るコツとして直接塗るのではなく、指にリップをとって

唇にトントンと置くようにして塗るのがいいということでした。

14私もさっそく試してみたら、大正解!本当に自然に赤リップを塗ることができたんです。

内側からジュワっと発色したような雰囲気になり、幼いようなでも色っぽいなんとも不思議な印象になります。

口紅にはパール感がないタイプのほうがよりナチュラルな印象になるなと思います。

パール感があると人工的なかんじになってしまうんです。華やかなかんじにはなるので、好き嫌いだとは思いますが、。

そして中央だけにグロスを重ねるとよりつや感もでて、ぷるんとしたかんじになって素敵なんです。

最近は朱肉っぽいチークも流行っているので、私はそれと組み合わせて使うことが多いです。

同じような色を使うことでメイク全体に統一感も出てとても美しいです。おしゃれな感じにも見えます。

チークも唇も赤なのですが、とてもナチュラルな印象のメイクにすることができます。

実は目元にも朱肉っぽい色って舞妓さんみたいになってかわいいんです。

ただ、まぶた全体につけるとちょっと怖いので、まぶたの外側だけにチョンとつけるのがコツですね。

脱毛のあれこれ

ムダ毛を処理する上でのリスク

2ムダ毛を気にしている方はたくさんいると思いますが、日頃どんな処理をしていますか?

カミソリや脱毛など方法はありますが、気を付けないと肌のトラブルを引き起こす可能性があります。

カミソリ処理法は比較的手軽に出来ます。脱毛と違って数日でまた生えてきますが、脱毛に比べると肌への負担は少ない方です。とはいっても肌にカミソリを滑らせるので肌を痛めることには変わりありません。

特に、毛の向きに対して逆向きにカミソリを滑らせると肌が傷つきやすくなります。なるべく毛の向きに合わせて剃るようにしましょう。

また、剃り終えた肌は乾燥しやすく、毛が伸びはじめると痒みを伴います。処理後は保湿クリームなどをしっかり塗って乾燥を防ぎましょう。カミソリも使い続けると切れ味が悪くなり肌への負担を悪化させます。今は刃の寿命が目で分かるようになっているものもありますので、目安にして定期的に刃を交換するようにしましょう。

脱毛でのムダ毛処理も注意点があります。市販の脱毛テープや脱毛器は無理矢理毛を引き抜くため、肌に大きな負担がかかります。処理後は肌が赤く腫れたり、毛穴が目立ってしまうこともあります。カミソリと違って一ヶ月くらいは新しい毛は生えてきません。お金はかかりますが、脱毛サロンなどで行っている永久脱毛処理は一度行えば二度と毛は生えてきません。専門の技術もあるため肌トラブルも少なくて済みます。

そのときの手間や時間をとるか、あとあとの肌への影響を考えるか、それによりムダ毛の処理方法は変わりますが、どちらにしても肌に起こるリスクをしっかりと認識し、何年か後に肌がボロボロになってしまうことのないよう十分注意しましょう。

私はこのサイトで心斎橋の脱毛サロンを見つけました。

心斎橋で脱毛ならここをチェック